6/12の練習より

府中男声合唱のblog へようこそ!

http://fuchumalechoir.jimdo.com/    ←こちら ホームページです

 

 

『遠くへ行きたい』

http://www.youtube.com/watch?v=-kcxR62-mmE

http://www.youtube.com/watch?v=LGKzJH3pTOc

きれいな日本の曲ですね♡

発声のお勉強にもぴったりかもしれません。

指揮の熊谷さんのように柔らかい声

皆さん、特に?テノール系💦 がんばってくださいね。

ハーモニーを感じてその中でうたいましょう‥ともお話ありましたね!

 

 

 

Soon Ah Will Be Done

団員さん(Kさん&Mさん)からの情報を基に曲目解説をします。

 

「もうすぐ終わる」といるこの曲は、
1934年にウィリアム・L・ドーソンにより、
合唱用に編曲されて一躍有名になりました。

苦しい奴隷の人生は、死と共に終わり、
その後は天国で母親にも再会し平和に暮らすという、
白人が奴隷に教えたキリスト教に忠実な内容となっています。

歌に込められた悲壮感と、激しいまでの強弱の変化や盛り上がりは、
現世での自由を勝ち取ろうとする強い意志が働いているように聞えます。

速めのテンポながら、終始短調で歌われますが、
長調に転じて終わる最後の一音の中に、
ドーソンはそうした希望のある解釈を盛り込んでいるようです。

以下、「Soon Ah Will Be Done」の対訳の抜粋です。

もうすぐこの世の苦しみは終わる、
この世の苦しみ、この世の苦しみ、
もうすぐこの世の苦しみは終わり、
神様と一緒にくらすのだ。

かあさんに会いたい、
かあさんに会いたい、
神様と一緒に暮らすのだ。

もう泣いたりわめいたりすることもない、
もう泣いたりわめいたりするこもとない、
神様と一緒に暮らすのだ。

イエス様に会いたい、
イエス様に会いたい、
神様と一緒に暮らすのだ。
神様と一緒に暮らすのだーーー。

 

 

 

では今日はおやすみなさい☆

 

毎回の練習では 音とりより始めます ♪

ご不明点 お問い合わせください ♪

 

京王線沿線・木曜夜練習♪( ´▽`)

初心者大歓迎! 団員絶賛募集中です!

お問い合わせは 当blog連絡先  fuchumalechoir@gmail.com  まで

音楽をしよう♪  アンサンブルをしよう♪         ♪♪ m.asaba ♪♪  🎹

 

 

f:id:fuchu_dansei_malechoir:20140614015420j:plain

 **

昨日の空です

 

 

 

 

 

 

 

http://fuchu-dansei-malechoir.hatenadiary.com/